戦略

「ここ数年の投資パフォーマンスにおいて、私を最もハッピーにした会社はどれかと聞かれたら-それはフェニックス・プロパティ・インベスターズだ」

サイモン・クオック(郭少明博士)
サ・サ・インターナショナル・ホールディングス・リミテッド
(莎莎国際控股有限公司)董事長兼CEO

戦略

フェニックスの目標は魅力的なリスク調整後のリターンを生み出す強力な不動産ポートフォリオを構築することです。そのために、当社が持つ現地の知識、専門知識、人脈を独創的に活用することができる地域において重点的に活動しています。そして、投資家の皆様に安定したリターンをご提供するために最適な投資戦略を利用しています。

オポチュニスティック型

フェニックスは2002年以降、アジアのオポチュニスティック型不動産に投資しています。下振れリスクを最小限に抑えつつ、エクイティ・マルチプルとIRRに関して強固なリターンを投資家にご提供します。用地整理、スペシャル・シチュエーションズ、市場外の相対取引等の複雑な戦略を通じて、時価を下回る価格で最高の物件を取得できるよう努めています。当社の完全統合型チームは、物件の用途変更やリフォーム、リポジショニング・再リース、再開発などにより物件の価値を高めています。当社はアジア全域の投資対象においてオポチュニスティック型投資を行っています。

コア・コアプラス

フェニックスは2015年に香港と上海のグレードA物件に特化した初めてのコア・コアプラス型の投資戦略を立ち上げました。この戦略は、当社の投資能力を活かし、良質な物件を取得し、資産運用およびプロジェクト・マネジメントチームの専門知識を活かして物件を積極的に運用することで、中長期的に市場を上回るリターンを生み出すことを目的とするものです。

デット

フェニックスは投資市場で大きな機会を見出し、2014年に不動産デット事業に参入しました。貸出先は、自国市場の不動産開発で確固たる実績を上げている信用のある企業です。主に、当社の統合チームにより原担保や借り手の事業計画をより深く理解し、借り手に付加価値のあるフィードバックを提供し質の向上に取り組むことにより、借り手であるディベロッパーにとって付加価値を生み出す望ましいパートナーとして選ばれています。

運用方針

フェニックスは厳格で規律を重んじる価値重視の投資家です。ファンダメンタル分析およびアジア全域での地域密着型の不動産市場への深い理解に基づき、戦略的に適切な投資機会のみを対象とし、基本に忠実な投資運用方針を採用しています。

厳選された投資

ターゲット市場の評価・再評価を継続的に行い、最適なリスク調整後のリターンを創出することのできる地域、セクター、投資テーマを選定しています。

アクティブ型資産運用

すべての資産において、パフォーマンスの最大化、潜在的・本質的価値の創造を目指して、個別のプランを設定しています。

リスクの緩和

慎重なレバレッジの利用、効率的な資金運用、分散投資されたポートフォリオの維持、大型施設・複合施設開発における専門家との協働によりリスク管理を行っています。

規律ある出口戦略

個々の資産取得に先立つ複数の出口戦略の特定および当該出口戦略に影響を与えるマーケットの変動の継続的な評価は、タイムリーな価値実現の基礎と考えています。

ポートフォリオ

ポートフォリオを構成する資産はさまざまな不動産セクターおよびエリアに分散されています。


当該構成比率は2017年12月31日時点の投資配分に基づいております。構成比率は変更される可能性があり、上記の数値と大きく異なる可能性があります。この構成比率はフェニックス・プロパティ・インベスターズが実施した投資のタイプを示したものであり、将来の潜在的な構成比率を示すものではありません。当社の将来のプロジェクトがこれらの構成比率を実現すること、また、このような特徴を示すことを保証するものではありません。