サステナビリティ

サステナビリティ

フェニックスは厳格なビジネス規範を徹底し、順守していることに誇りを持っています。自然環境の保全、地域ビジネスのサポート、人々の生活の質の向上、持続可能な環境を作るための将来的なニーズは、当社のすべての投資判断における重要な要素です。また物件のグリーン認定も同様、当社の計画、設計、建築方針に反映されています。こうした責務は当社の業務において重要視され、業務マニュアル上で詳細に規定されています。当該業務マニュアルの目的は下記の項目となっています。

二酸化炭素排出量の削減

当社の活動が、都市構造、環境、また当社の物件に住まい、働き、訪れる人々に及ぼす影響についての責任を真摯に受け止め、業務内容の発展に積極的に貢献するよう努めており、当社の物件は米国および香港のグリーンビルディング評議会によって規定された世界的な認知基準であるLEEDおよびBEAM基準を満たしています。Gramercyは、LEED認定を取得した当社初の物件です。Tower 535は、LEEDとBEAM Plus の銀賞を含む複数のグリーン認定を授与されています。The MorganはBEAM Plus の金賞を受賞しております。また、行政規制が少ない地域においては、全社を挙げて持続可能で整合性のとれたアプローチを採用しています。

良好なコミュニティの形成

より広いコミュニティを発展させることは、フェニックスの投資プログラムや不動産の価値を向上させるための戦略にとって常に重要な決定要因です。当社は、高品質で効率的な建物への投資や開発における創造的で革新的な考え方は、社会全体および都市景観の活性化に非常に大きな好影響をもたらすと考えています。そのため、当社はロバートA・M・スターン建築事務所(RAMSA)やスキッドモア・オーウィングズ&メリル(SOM)などの世界的に有名な建築事務所や国際的な都市計画の専門家、現地に詳しい知識を持つ建築家と提携しています。有益で持続可能な将来に対する当社の一貫した貢献は、当社の投資家への安定したリターンと当社物件に住む人々の生活の向上という2つの理想的な効果をもたらしています。

香港、ミッドレベルにあるThe Morganのファサードに施された40mにわたる緑の壁

香港、ミッドレベルにあるGramercyの緑の壁

香港、銅鑼湾(コーズウェイベイ)のCubusを取り巻く賑やかな近隣